読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『バナペン』- バナナに文字を書くためだけのペンなのに大人気すぎて買えない!

バナペンとは?

面白い、おしゃれ、可愛い、便利色々な文房具がありますがこれはどのカテゴリーに入るんでしょう?あまり使い道が思い浮かばないけど『なんとなく欲しくなる文房具』といったところかな?

なんとなく欲しいだけ、とはとても思えない程の大人気商品となっている『バナペン』はバナナで有名なDole(こんな紹介の仕方でいいの?)が開発・提供するバナナに文字を書くためのペン。←何回復唱しても用途が凄いですね。

バナペンの仕組み

『バナペン』はインクの代わりに透明の食用酢が入っているペン、バナナの皮に文字や絵を描くと、バナナの皮の酸化作用で描いた文字や絵が後から浮かび上がってきます、また細字と太字があって筆圧によって文字の濃さも変わるらしいんです。まあバナナにしか使えないんですけどね、特許も取得しています。



出典:バナナとパイナップルはドール | Dole

『バナペン』が人気の理由

それでは人気の秘密を探ってみます。
使い方としてはいたって普通、描く相手がバナナと言うだけです、特にかわったところはありません。その後待つこと約5分で文字や絵が浮かび上がってきます。徐々に浮かび上がってくるというのは少し楽しいかもしれませんね。


でも大人気になる程でもないですよね、いや、バナナに徐々に文字が浮かび上がってくるのは結構盛り上がるかも。


プロモーション動画について

ここで『バナペン』のプロモーション動画も見てみましょう。

引用:ドール バナナメッセージ/バナペン®登場篇 Dole Banana Message / BANAPEN Promotion Movie (long ver.) - YouTube

動画の内容をザックリと解説すると、まずバナナとバナペンが登場します。↓


ゆっくりとまるで魔法のように文字が浮かび上がってきます。↓


人に想いを伝える道具として、バナナに文字を描いたものを使います。↓

こんな感じです。確かに普通の手紙より想いを伝えやすい気もしてきました。
・・・と、色々ひっぱってみましたが大人気で入手が難しい本当の理由をあっさりとネタバレすると、その購入方法がとても限定されているからなんです。

『バナペン』の入手方法

ドール(Dole)のバナナ自販機で買えるようなのですが、このバナペンを買う事の出来る自販機というのがたったの一箇所しかないみたいなんです。

その場所は『東京メトロ渋谷駅の半蔵門線3番出口を出たころのドールバナナ自動販売機』・・東京に住んでいないのでどこのことだか全然わかりませんが、このバナナ自動販売機で『低糖度バナナ』を購入した人に2月28日までの期間限定で『バナペン』がついてきます。


そしてこれがその自動販売機↓


出典:Twitter Search

販売時刻

この自動販売機でバナペン付きバナナ(1本150円)が、1日80本限定で発売されていて、朝7時から整理券まで配布されているらしいのですが、6時にはすでに長蛇の列が出来ているそうです。ちなみに商品の補充は月曜日、木曜日、土曜日の午前11時ごろです。→2月1日より、週3回から週7回に商品補充を増やし、朝7時より当日販売分の整理券を配布に変更されています。

※詳しくはドールのHPでご確認下さい。


こうなってくると流石に入手出来る気がしなくなってきましたね、本数も買うことの出来る場所も超限定的、これは欲しくなるはずですね。

まとめ

Doleの開発担当者は『どうしたら、いつまでも飽きずにバナナで楽しんでもらえるかを考えてました』と語っています。
この方のバナナ愛が産み出した傑作の文房具といえますね。


少し悪ふざけた紹介の仕方をしてしまいましたが、どんな形であれ楽しめる文房具って最高ですよね。なんとか一度使ってみたいなーと考えながら今回はここまで。ありがとうございました。