読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【完全ネタバレ】プリンシパル 3巻 -2018年実写映画化の予習

2018年に実写映画化の決まった、いくえみ綾さんの『プリンシパル』をご紹介したいと思います。今回は『プリンシパル』3巻のネタバレです。1・2巻を読んで続きが気になってしょうがない方、予習として見てもらえると映画がもっと楽しめると思いますよ。

▪️3巻以外のネタバレはこちらから
1巻 | 2巻 | 3巻 | 4巻 | 5巻 | 6巻 | 7巻

プリンシパルの概要

まずは概要から、『プリンシパル』は2010年11月号から2013年9月号まで『Cookie』(集英社)から連載されていました。単行本は全7巻で完結済み、累計発行部数は120万部を超えるヒット作です。


そしてこの漫画を語る上で外せないのが『いくえみ男子』といわれる超魅力的なキャラクター達です。いくえみ男子は、『いくえみ綾』さんの漫画に登場するキャラクターの総称。優しくて、目端がきいて、時には厳しくて、特別目立つわけではないのに、いつの間にか心を掴んで離さない、不思議な魅力を持つ男の子の事をいいます。


プリンシパルでは極上の『いくえみ男子』弦と和央、そして同じく魅力的な『いくえみ女子』の糸真が胸きゅんストーリーを展開していきます。




登場人物

まずは、主な登場人物を紹介しておきます。全員15歳の高校1年生。

住友 糸真(すみとも しま)


©プリンシパル 集英社

3人目の継父と折り合いが悪く、東京の学校では些細なことが原因で無視されるようになり、家にも学校にも居場所をなくしてしまう。実父を頼って北海道へ引っ越し、クラスメイトで家が近所の和央・弦と親しくなる。

舘林 弦(たてばやし げん)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。和央とは幼なじみ。幼い頃、和央を女の子だと思い込んでいたため、その刷り込みで和央を過保護に可愛いがる。

桜井 和央(さくらい わお)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。虚弱体質で学校を休みがちなイケメン、幼い頃から弦とその姉、弓になついている。

国重 晴歌(くにしげ はるか)


©プリンシパル 集英社

転校初日から糸真に優しく接してくれたクラスメイト、糸真が弦や和央と親しくしていることに腹を立て嫌がらせをするが後に和解し親友となる。


あらすじ

両親の再婚により姉弟になった糸真と和央。ひとつ屋根の下で暮らし始めたその日、糸真の知らないところで和央と弦の間に亀裂が生じていた。不自然にお互いを避ける和央と弦。2人はどうなってしまうの…!?


プリンシパル3巻ネタバレ

それではここからプリンシパル 3巻の内容についてご紹介します。


注意:ここからはネタバレになります。



©プリンシパル 集英社

誕生日会


©プリンシパル 集英社


3月生まれの糸真(しま)と4月生まれの和央(わお)が兄弟になり、迎えた家族で2人まとめての誕生日会。


『家族かよ!』


・・・と未だにツッコミを入れたくなる気持ちと、なぜかわりと自然に受け入れちゃってる気持ちとのはざまでゆれる乙女心の糸真。


その後、糸真の部屋に和央がやってきて携帯番号の交換をします。そこに遊びに来たのは晴歌。


『部屋の出入り自由なんて、ほんとすごいわあ、あんたらくっついちゃえばいいのに』ずけずけと言います。



©プリンシパル 集英社


"晴歌 あのね、この人きっとむずかしい・・・・・・"


姉弟という現実以上に高い壁となっている弦の姉『弓』の存在が和央への想いをゆり動かします。

新年度

新年度での登校時・・・弦の迎えがありません、和央と弦は引っ越しの後ケンカをしたままです。


結局、まったく口を聞くことのない2人、その晩糸真は理由を聞きに和央の部屋にむかいます。



©プリンシパル 集英社


"あの2人が仲良くないなんて、そんなのって いやだ!"心の底から2人の事を心配する糸真。


翌日、弦はクラスメイトが和央の家の事を『結局は館林(弦)から住友(糸真)に乗り換えただけだべ あの親子』と言っているのを聞きその男たちになぐりかかろうとします、が。



©プリンシパル 集英社


ゴッ


止めに入った糸真に拳が当たってしまいます。糸真、付き添いで和央と晴歌で保健室にいると、弦の姉で音楽教師の弓が心配して入って来ます。


そして弦と和央の話に・・・。


弓は言います、弦にとって和央は小さいころの『忘れられない大切なぬいぐるみ』みたいな宝物のような存在、そしてそんな和央にずっと失恋しっぱなしで心の傷になっている。


『弦は和央をまもり支える事で自分をいっしょうけんめい支えている』


これを聞いた和央は・・・



©プリンシパル 集英社


『僕が否定したら、弦は支えを失う?』弓の話を聞いて、自分が弦に言った言葉を思い返し涙する和央。


"ほんとにまぁこんなにキレイに泣く男の子をみたことがない"

日曜日の午後

日曜日の午後、和央の弾くショパンの音色で目覚める糸真。



©プリンシパル 集英社


"なんだこの光景…すごいや…"


一方、弓は弦を連れて糸真の家に謝りに行こうとしますが、結局途中で自宅に引き返してしまう弦、弓だけで謝罪に向かうことに。


謝罪後、弓は2人がお腹をすかせている事に気付きごはんを作ってくれます。その姿をみた糸真、さっきまでの穏やかな日曜日の午後から一変、すごくモヤモヤし始めてしまいます。



©プリンシパル 集英社


"ねえ 和央、この人のどこがそんなに好きなの?"


思考が弦化しつつある糸真、そんな最中自宅にいた弦は、弓の部屋で大量のお見合い写真を見つけてしまいます。


弦はこれをメールで和央に伝えます。

仲直り

翌朝、弦を迎えにいく糸真と和央ですが、弦はまだふてています。


『僕が言ったのは本当の気持ちだけど弦と離れたかったわけじゃないよ』との和央に対して『だろうね、俺には“弓ちゃん”がついてくるからな』となんとも弦らしい返答。



©プリンシパル 集英社


まあ、キレますよね・・・。


そんな話を学校で晴歌にするとまさかの大爆笑、そして和央のもとに向かい話しはじめます。



©プリンシパル 集英社


どこまで本性だすんだ晴歌‼︎


『国重さんとは友達になれる気がするよ』・・・・・まさかのわかりあえた2人なのでした。


その後屋上に和央を呼び出す弦、そして盗み聞きしに行く糸真と晴歌。


『もっと世界広げなよ』と和央、これに言い返すように『女は世界に弓ちゃんだけか!』と弦。


『そうだよ、わかんなくていー誰にも』


決定的な一言・・・ここで退散する糸真たち、晴歌は和央の秘密を黙っていた糸真にキレるのでした。



©プリンシパル 集英社


弦たちの会話は続きます『国重晴歌、アレはなんで俺を好きなんだ?』→『し、しらないよ…』→『あれ?俺ら仲直りしてる?』→『し、してるね』→『意外と役に立つなあのおかっぱ』さくっと仲直りできました。


その晩、糸真と和央はベランダではたから見れば恋人同士のような会話をするのですが・・頭をよぎるのは『そうだよ、わかんなくていー誰にも』←


©プリンシパル 集英社

和央と弓

和央はどうしてここまで一途なのでしょう?ここで和央と弓の小さい頃からの話になります。


身体の弱い和央が寝込んでしまうと、仕事の忙しい母親に変わって弓がよく面倒を見ていました。


弓が翌日に受験を控えたある晩のこと、弦の家に母親が倒れ助けを求めて和央が訪れます。



©プリンシパル 集英社


『大丈夫』弓は動揺する和央を深い愛情で励まし続けます。どうみてもここから弓が和央の中で大きな存在になっていそうですね。


・・・それから時はたち、和央の元に弓が訪れ結婚すると伝えます。



©プリンシパル 集英社


この後弓は結局離婚、犬の『すみれ』をつれて帰ってきます。動物嫌いの弦の母親がそれを許さず『すみれ』は和央の家に預けられるのでした。



©プリンシパル 集英社


"と、まあ、あたし(糸真)の人生はここからやっと彼らとまじわることになるのです"←和央との出会いのきっかけは『すみれ』でしたね。

お見合い

翌朝、弦はこうなります。



©プリンシパル 集英社


格好良くなった弦はさておき、一緒に学校に向かう弓に糸真は『先生、好きな人はいますか?』少し攻撃的な視線でガールズトークをもちかけます。


『先生は和央の気持ちを知っていますか?』とさらに焚きつける糸真。


私はモテないと言う弓に『和央って、先生にとって奇跡ですね…?』かなりの事をいってしまいます。


そこで、今度お見合いをすることを糸真に伝え弓は立ち去ります。



©プリンシパル 集英社


後日、弓のチャリティーコンサートにお見合い相手を呼んでいると聞きつけた糸真達は、弦、和央、晴歌でコンサートに出席することに。


皆、弓の圧倒的な歌声に聞き入ります。コンサート後、お見合い相手とレストランで食事の約束をする弓を見た和央は…



©プリンシパル 集英社


『取り消しとくね』和央はレストランに電話をかけ始めます。


『和央、そんなことしたら2度と会わないよ』それでもキャンセルすると言う和央の携帯をはたき『目を覚ましなさい…っ』と怒る弓。


『それはこっちのセリフ、いい加減みとめろよ』


走って立ち去った弓を追いかける糸真、そこで『和央には糸真ちゃんみたいな子が似合う…』と泣きながら言う弓を見て…



©プリンシパル 集英社


"もうハグはしてもらえないけど、ガンバレ"…完全に2人の事を認める糸真は、和央を弓の元に見送ります。


糸真は弦と晴歌の元に戻ります・・



©プリンシパル 集英社


『あたし弦のこと好きなんだぁ』すごいタイミングで告白する晴歌。


え?今?


逃げ出すように走ってその場を後にする糸真なのでした。



©プリンシパル 集英社

映画化について

そんなプリンシパルが2018年に実写映画化されて全国公開されます。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、キャストは黒島結菜(糸真)とジャニーズWEST小瀧望(弦)、そして俳優の高杉真宙(和央)となっています。


監督:篠原哲雄・脚本:持地佑季子
配給:アニプレックス

©️2018「プリンシパル」製作委員会


感想

以上がプリンシパル3巻の内容です。見せ場が多くて上手くまとめられていない感もありますがいかがでしたか?弦も和央も糸真以外の人と付き合い始めるというまさかの展開、まさに"どこ行けばいい?"の状態ですね。


弦と晴歌、和央と弓、そして糸真はこの後どう進んでいくんでしょうか?


4巻に続きます