読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【完全ネタバレ】プリンシパル 7巻 -2018年実写映画化の予習

書籍 少女マンガ

2018年に実写映画化の決まった、いくえみ綾さんの『プリンシパル』をご紹介したいと思います。今回は遂に完結『プリンシパル』7巻のネタバレです。予習として見てもらえると映画がもっと楽しめると思いますよ。


▪️7巻以外のネタバレはこちらから
1巻 | 2巻 | 3巻 | 4巻 | 5巻 | 6巻 | 7巻


プリンシパルの概要

まずは概要から、『プリンシパル』は2010年11月号から2013年9月号まで『Cookie』(集英社)から連載されていました。単行本は全7巻で完結済み、累計発行部数は120万部を超えるヒット作です。


そしてこの漫画を語る上で外せないのが『いくえみ男子』といわれる超魅力的なキャラクター達です。いくえみ男子は、『いくえみ綾』さんの漫画に登場するキャラクターの総称。優しくて、目端がきいて、時には厳しくて、特別目立つわけではないのに、いつの間にか心を掴んで離さない、不思議な魅力を持つ男の子の事をいいます。


プリンシパルでは極上の『いくえみ男子』弦と和央、そして同じく魅力的な『いくえみ女子』の糸真が胸きゅんストーリーを展開していきます。





登場人物

まずは、主な登場人物を紹介しておきます。全員15歳の高校1年生。

住友 糸真(すみとも しま)


©プリンシパル 集英社

3人目の継父と折り合いが悪く、東京の学校では些細なことが原因で無視されるようになり、家にも学校にも居場所をなくしてしまう。実父を頼って北海道へ引っ越し、クラスメイトで家が近所の和央・弦と親しくなる。

舘林 弦(たてばやし げん)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。和央とは幼なじみ。幼い頃、和央を女の子だと思い込んでいたため、その刷り込みで和央を過保護に可愛いがる。

桜井 和央(さくらい わお)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。虚弱体質で学校を休みがちなイケメン、幼い頃から弦とその姉、弓になついている。

国重 晴歌(くにしげ はるか)


©プリンシパル 集英社

転校初日から糸真に優しく接してくれたクラスメイト、糸真が弦や和央と親しくしていることに腹を立て嫌がらせをするが後に和解し親友となる。


あらすじ

弦への想いを自覚し、金沢に別れを告げた糸真。弦には当たり障りのない態度で接していたが、晴歌から「嘘はつかないでね」と、あるメールを見せられて──!? 恋に友情に悩みまくりの糸真は、青春の主人公になれるのか!? 一方、順調に愛を育む和央&弓をつけ狙う影が…。


プリンシパル7巻ネタバレ

それではここからプリンシパル 7巻の内容についてご紹介します。


注意:ここからはネタバレになります。



©プリンシパル 集英社

大喧嘩

『和央、これ食べな?』



©プリンシパル 集英社


今日も平和な糸真宅の朝食風景ですが心に巣食う金やんの影・・・。



©プリンシパル 集英社


この金やん、晴歌にメールを送ります。『糸真ちゃんには好きな人がいるみたいだね。多分、国重の知ってる人、国重は知らなかったの?』


晴歌はそのメールを糸真にみせながら言います『あたしは何も知らない、だって糸真はそんなことひとことも言わないから』・・ついに覚悟を決めた糸真。



©プリンシパル 集英社


『弦が好き』・・・


これに晴歌は驚くほどキレます。


『いつからだよばーか!』



©プリンシパル 集英社


『バカだけど…いっしょうけんめい考えたんだもんっ』


このあと糸真が何をいっても『バカ』の連呼、ひとしきり喧嘩したあとお腹が空いた晴歌は休戦を申し出ます。この2人ほんとに仲良くなったもんだ・・。

ストーカー

翌日金やんから糸真に、『弟さんの彼女さんってまさかの「先生」だったんですね』とメールが、その日の早朝、たしかに和央と弓は『すみれ』のお散歩デートをしています。


あまりのストーカーぶりに金やんにもう一度会いに行くと言いだす糸真。


それを聞いた弦『ついてってやる』



©プリンシパル 集英社


結局ついてくることになった弦は草むらに隠れます。そこに金やん登場、ストーカー気分を味わってみたけど虚しくなったと話しはじめます。


気持ちに区切りがついたのか今日の金やんは結構爽やかな感じ、『そしてまさかの弟さんの彼女!』と和央&弓のデートの話題に移ります。


『何あのステキな感じ幸せすぎるだろ』
・・・・・
『でね、ストーカーはもう1人いてね』


え?


“和央と弓の写真を金やんですら引くほど撮ってるストーカーがいた”と聞いた途端草むらからとび出す弦。


『それどんな女?』


金やんにストーカーの特徴を根掘り葉堀りきくと『ありがとうな!』あっと言う間にその場から走りさっていきます。


『ね?あの人はあたしよりも和央の方が大事なのよ〜ハハハ』金やんと2人取り残された糸真が呟きます。


『あ』金やんが何かに気付きます、その視線の先には・・・


『やべっ、忘れてたっ!』振り返り、走って戻ってくる弦。そして・・・



©プリンシパル 集英社


『ば、ばいばいっ』糸真の手をとり連れ去る弦、このシーンもかなり好き。


しばらく走った後、糸真は草むらに隠れていた弦の頭についていたクモの巣をとってあげながら・・・


『晴歌と喧嘩した理由教えよっか』



©プリンシパル 集英社


『あたしも女だってことだバーーカ』


わーーーーーーーー

キスは茶飯事

ついに弦とキスをした糸真ですが、和央も弓とキスをして、その上ストーカーに現場の写真を撮られてしまった模様。


翌朝、気まずさからいつもより早く学校に行く糸真、同じく気まずさからいつもより早く学校に来る弦。2人は和央と弓のキス写真が現像され掲示板に貼られているのを見つけます。


『す、すげーな…俺らが早く来たのってこのためだな!』素早く写真を剥ぎ取りますがすでに手遅れ、いっきに学校中に拡まってしまいます。


案の定、職員室に呼ばれてしまいますが何故か余裕のある和央。どうも朝のうちに弓と作戦を練っていたようです。



©プリンシパル 集英社


その夜、弓は弦と和央の家を訪れ両親に事情を説明、弦は糸真をコンビニに連れ出します。


『2人ともお咎めなしということで落ち着きましたので』こう報告する弓、お咎めなしとは寛大な・・と少し驚く両親に『和央くん…いえ2人でうまいこと考えました』と伝える弓・・・


『はい、キスは茶飯事です』校長室でこう説明する和央。



©プリンシパル 集英社


幼馴染みでもある弓ともつい習慣で外でしてしまいました、以後気をつけます。


一方、弦に連れ出された糸真。


『あんな告白でごめん』こう伝える糸真に弦の答えは・・・



©プリンシパル 集英社


『弦はそう言うと思った』・・・これはいい振られ方。


『あれはさ、今日の和央のケッサク言い訳とおんなじ感じで受けとめといて!』と言うと、手を振って別れるふたり。

同志

次の日から、知らない女子にも男子にも『和央くーんチュして』と絡まれまくる和央を必死で守る弦と糸真。



©プリンシパル 集英社


『まあ、もともとあんたの役目だったもんね、同志』握手をしようと手を差し出す糸真でしたが・・・



©プリンシパル 集英社


『握手なんだけど』と言いつつ心の中で思い切り笑顔の糸真ちゃんでした。


ここからストーリーはエンディングへと向かっていきます。時はすぎ話は約2年後の東京に住む糸真。高校卒業後に東京の大学に受かり、和央以外の家族で引っ越しています。


作品内ではそんな現在の糸真と高校時代最後の和央、晴歌、弦それぞれの気持ちの描写が交互に描かれていますが、わかりやすくする為に多少時間軸が前後してしまいますが1人ずつ紹介していきたいと思います。

修学旅行(和央)

・・・修学旅行の前日、和央は熱を出してしまいます。一度熱が出てしまうと一晩で下がる事は今までなく修学旅行を断念することに。


そんな和央に糸真からメールが届きます『和央〜大丈夫?もうすぐ出発だよん、和央が来なくて皆んな好き勝手言い出して、いつの間にかこの間のキス事件で謹慎になったって噂が広まりそーになったけど寸前で私が阻止しておいたからね〜大丈夫!熱下げてね〜』このメールと同時に家のチャイムが・・訪れてきたのはなんと和央のストーカー。



©プリンシパル 集英社


『大丈夫だから!ちゃんと楽しんできて!それで僕にお土産買って来て!』


『・・・はい』なんとか送り出す和央はこの後熱があがってしまいます。


ベッドの中、和央は以前自分のせいで学校に来ることが出来なくなってしまった子のことを思い出します・・・『僕に出来ることはなんもない』・・・


あ、あった


『弓ちゃんと絶対結婚する。今までを無駄にはしない』そう誓う和央でした。

本当のあたし(晴歌)

『二者面談どうだった?』今後の進路について話し合う糸真と晴歌。晴歌は道内の調理師専門学校、糸真は東京の大学をそれぞれ希望しています。


糸真は弦が東京の大学を希望していることを晴歌に聞きはじめて知ります。


3年に進級し弦とクラスが別々になって以来、会ったら挨拶するくらいだと言う糸真をみて何かを思う晴歌。


"「心の広い女」って思われるのが嫌で、恋のライバルの背中を押すような陳腐な真似はしなかった…うん、正しい…あたしは正しい"



©プリンシパル 集英社

呪い(弦)

晴歌からお互い東京の大学に進学を希望している事を聞いた糸真と弦。久しぶりに口をききます。


『俺も東京だからよ、受かったらまた一緒に遊べんな』と弦。


『なんで?なんであたしと遊ぶの?』



©プリンシパル 集英社


『お・ち・ろ』呪いをかけられた弦は、本当に受験に失敗してしまいます。


やがて卒業を迎え、糸真の引っ越しの日、勝手に糸真の部屋に上がりこむ弦。糸真が帰ってきたと和央に聞き・・・


"ここは俺の人生でとにかく一番素直な言葉を言ってみるのが ベストだな"



©プリンシパル 集英社


『俺おまえいないとつまんないみたいだ、次必ず受かって東京行くから、待っててくんないかなと思って』



©プリンシパル 集英社

現在

東京に住む糸真のもと、和央が北海道から遊びにきます。



©プリンシパル 集英社


だいぶ雰囲気の変わった気がする和央ですが、デートを終えて家に帰ると『実は僕、1人で東京まで来たんじゃないんだ』とサプライズ発言。


それを聞いて糸真が部屋に戻ると・・・


『よ!』浪人中のはずの弦がいます。後期試験を受けて無事合格、9月入学でもうアパートも決めたとのこと。


なんで黙って…と聞く糸真に『だっておまえ呪いかけるだろ』と弦。


『…また夏休みみんなで…遊ぼーか』


『いーね、あ、金やんはナシな』


あたし今、最高に主役っぽい

映画化について

そんなプリンシパルが2018年に実写映画化されて全国公開されます。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、キャストは黒島結菜(糸真)とジャニーズWEST小瀧望(弦)、そして俳優の高杉真宙(和央)となっています。


監督:篠原哲雄・脚本:持地佑季子
配給:アニプレックス

©️2018「プリンシパル」製作委員会


感想

以上がプリンシパル7巻の内容でした。ついに完結ですがいかがでしたか?タイトルの『プリンシパル』実は主人公という意味。最後に見事幸せを掴むことができて本当によかったですね糸真ちゃん。ちなみに最後の最後に和央の母親が妊娠していることも発覚しますよ。以上プリンシパル完全ネタバレでした、ありがとうございました!



©プリンシパル 集英社